月次アーカイブ: 6月 2017

自分や家族の体調もお構いなしに働かなければいけないのかなぁ?

今日、仕事に早出で行ったら、師長が夜勤をしていました。
……何故。
前の病院もそうでしたが、師長は現場の管理とかをする立場なので、基本は夜勤には入らないで、
平日毎日日勤のはずなのですが、何故か夜勤明けで普通に仕事をしていました。
というより、昨日私が仕事終わる時に夜勤に入る人は師長ではなかったんです。
……何故師長がいるのだろう。

私が無言で顔を見つめていたからか、師長の方からおはようございますの挨拶もなしに理由を教えてくれました。
なんでも、昨日の夜勤の看護師(つまりは同僚なんですが)の息子さんが夜に交通事故にあったみたいなんです。
大怪我だとかそういうわけではないんですが、やっぱり心配だったし、迎えに行ったりできる人がその看護師しかいなかったため、
急遽師長が夜勤を交代することになったそうなんです。
入院にもならないし骨折などもなかったみたいなんですが、どこかを打ってしまったみたいと言ってました。
何事もなかったのは良かったですが、やっぱり交通事故は怖いものです。

どんな仕事にしてもそうでしょうが、特に看護師や薬剤師になると、人手不足なこともありますし、
急なトラブルとかがあるとどうしても現場は困っちゃいますよね。
だからって、息子さんが交通事故に遭ってるのに夜勤や処方投薬を続けて、とも言えませんし。
今の薬局ではないんですが、前に勤めている時にスタッフの間でノロウイルスが蔓延してしまって、
七日間連続勤務になるという悪夢のような出来事がありました。
私自体は感染しなかったからまだ良かったのですが、感染した人も体調が良くなり次第すぐに出勤だったので、
現場はかなりむちゃくちゃになっていて、通常の業務はほとんどできませんでした。

女性は家のことをメインにやる、という考えは今も昔もやはりそこまで変わらないのでしょうか、
どうしても子供の体調が悪くなって早退するような薬剤師も多いです。
私も人のことは言えませんけどね。たまたま、ずっと子供たちが風邪をひいたりしていないだけの話であって、
もしインフルエンザとかにかかってしまったら、私も急なお休みを貰わなければならないでしょうし。
薬剤師というのはやっぱり女性が多いです。私の姉は家と子供の事そして介護をしています、神戸へ引っ越しを機に
一時期仕事をやめて家のことに専念しようとも考えていましたが
薬剤師という仕事が大好きで、数時間でも外で仕事をと考えていたようです。そんな時知人が仕事と家庭をうまく両立しているのを見かけたそうです。
知人の姿がもう一度新しく頑張る勇気になったようです。
⇒⇒⇒薬剤師 求人 神戸