karunoさん、骨髄検査しますか?

こんにちは、karunoと言います。
5年程前に肝臓移植のドナー(臓器を提供する側)として手術を受けました。
娘が生まれてすぐに胆道閉鎖症という症状をもって生まれ、5歳の時に肝臓の移植手術を受けました。
その際、移植を受けるまでの私が体験した骨髄検査のお話をします。

移植手術のドナーになるにあたっていろいろと検査をして、条件をクリアしなければ、ドナーにはなれません。
当然肝臓に病気がないことは当たり前ですが、メタボな人もですし、血液検査をして調べる中性脂肪の数値も対象となります。
まぁ、私は体系としては痩せているほうなので中性脂肪などは大丈夫なのですが、ただ、なぜか血小板の数が人よりもだいぶ少ないんです。
それをお医者さんに伝えると、「じゃあ、karunoさん骨髄検査しましょうか?」と持ち掛けられました。

私は、愛する娘のために肝臓の1/3あげるため、お腹を切られるのは怖くもなんともないのですが、骨髄検査は怖いのです。
実は、私はこの血小板が少ないせいで中学生のときに骨髄検査を受けたことがあるのです。
骨髄検査は文字通り骨髄を採取して、検査するわけなのですが、骨髄をとる方法が痛いんですよ・・・
腰とお尻の堺、尾てい骨あたりに注射器を刺すのですが、この注射器の針が太いこと、太いこと
その痛みを覚えていたので、先生に検査しましょうと誘われても、すぐに「ハイ、お願いします!」とは答えられませんでした。

検査をためらっている私をしり目に、先生はどこかに電話をかけて、「今からマルクできる?15分後ね、うん、じゃあマルクお願い」
「karunoさん、検査すぐにでもできますので、トイレ済ませておいてくださいね」
・・・・・骨髄検査しましょうか?の問いかけはどこへやら、検査を受けることが決定していました。
もう、こうなったら覚悟を決めて検査に臨みます。愛する娘のため、父ちゃんファイト!

さて、トイレも済ませて検査の始まり、始まり。
お尻をペロンと出して検査待ち、ていうか、しばらく放置。
スースーするなぁ寂しいなぁ、暇だなぁなんて思ってたら、そこに嫁さん登場。
「尻を出してお前はなにをしている?」
ですよねぇ、不思議ですよねぇ。検査受けるからと呼ばれて来てみれば、旦那が尻出してればねぇ・・・とりあえず、そこのタオルでも掛けてくれませんか。話せば長くなるので
お尻が風邪ひきそうだよ。

嫁さんとお話しながら待っていたらようやく先生登場、さぁ検査です。
まずは、お尻に麻酔の注射を3回くらい、プスプスと打ちます。これは全然痛くありません。
「はい、じゃあ骨髄に注射しますので絶対に動かないでくださいねぇ」
うほぅ!今度はプスじゃなくて、ブスっときましたよ。

でもこれならぎりぎり耐えられない痛みじゃない、私が痛みに強くなったのか、昔受けた検査の記憶が大袈裟に覚えていただけなのか!
ここで先生からこんなお達しが「karunoさんね細いから」←(体系のことです)
うんうん、細いから注射が痛くないのか?そうかそうかと納得したところ直後
「注射ね痛いですよ、はい、じゃあ、太い針入りますねぇ」

え!?と思った瞬間、プスとかブスじゃなくてゴリゴリって感じで注射針が入ってくるんですよ、体の中に
「ご、ゴリゴリしちゃらめぇ、もう、だめぇ」って心の中で叫んでおりました。
ゴリゴリの注射針が抜かれてでっかい絆創膏を貼られて、また、尻を出したまま放置。

検査が終了したので嫁さんが登場
「えぇ、まだ尻だしてるのかよ」
いや、好きで出してるわけじゃないのだよ、見てごらんよこのでかい絆創膏。
後日、絆創膏を剥がして検査の後を見てみると、鉛筆の芯と同じ太さの注射針の跡が残っておりました。
その甲斐?あってか娘の移植手術も無事に終わり今では、楽しく皆で過ごせております。
ただ、骨髄検査はもう二度とこりごりですけどね。
最近では60歳以上の薬剤師さんの転職も結構あるみたいですね。太い注射をされながら薬剤師求人のポスターを見つけました。
薬剤師求人60歳以上ですって・・・。いつまで働くんだ??

最近、体調不良によりやむなく地域医療のお世話になったときのこと。
そのクリニックでのドクターの判断により、処方されるお薬やいつものお薬手帳に張るシールやらをめぐって、とかく意外なことがありました。

まず薬剤関係ですが、今別のクリニックで別の治療のために処方されているお薬があり、その薬との飲み合わせを確認しようとしたところ、薬局さんの方で確認してもらってくださいとの指示が、今回のクリニックのドクターから出たことが意外でした。
通常、医師の判断によって飲み合わせの良し悪しを確認するものとばかり思っていたので、それを薬局で薬剤師さんに確認とはちょっとびっくりです。
結果としては、さすが薬剤師さんというだけのことはあり、他院で服薬していて二通り呼び名があった薬剤名も、すぐにピンと来ていた印象からも、さすが薬剤のプロだなと思いました。

あと、その日に限ってうっかりいつものお薬手帳を家に忘れてきてしまい、診察後薬局に赴いたとき「その日に処方される薬剤情報が書かれたシール一枚だけくれればいいのに、お薬手帳って忘れるといちいち新しい手帳ごとくれるんだよなあ」と思っていたところ、薬局の処方箋受付のところで「今日ちょっとお薬手帳忘れてしまったんですけど・・・」と伝えると、意外なことに「それではシールだけ発行させていただきますね」で、あっさりとお話しは終わりました。

おくすり手帳 薬これまで、薬局さんで手帳を忘れたことがあっても、通常の薬剤情報記載シールのみを発行された時期が一時的にはありましたが、一定の時期を過ぎると、今度は手帳を忘れるとシールを新しい手帳ごと渡されてきた経験上、てっきり今回もまた余分な手帳ばっかりが増えるかなと思っていたので、びっくりでした。
これはたまたま今日、その日の薬剤師さんだったからそうされたのかどうかは定かではありませんが、やたらに手帳ばかり家にかさばっていても仕方がない患者側としては、本当に助かりました。

しかしながら、あちこちでこれまで医療にかかるたび、当然ながら手帳の中の薬剤情報シールが少しずつ増えていくのに従って、だんだんと手帳の残りページも少なくなっていきます。
このことは、この日にいただいたシールを帰宅後にきちんと手帳に張ったときに気がづき、「まだ残りのページがあるとばかり思っていたけど、気づいたらあらもうお薬手帳の最終ページに来たのね」という感じでした。

いろいろな意味、なるべくなら医療にかからないのが一番いいかもしれませんが、誰しも不完全で、そうそう理想的な健康体でばかり過ごせないことだって、ある意味人間として、自然でもあると思います。
気をつけてはいても、不慮の出来事に見舞われてしまうときは見舞われてしまいますし、病や不具合に陥ってしまったものは、もう仕方がないものと割り切って、早めに悪い状態からの回復を図ることを、来年もまた心がけたいと思います。

今使っているお薬手帳のページ数にまだ余裕があるうちに、薬局さんでいただいていた新しい手帳も、結果的には意外にも意味のあるものとなったので、新年は新しいお薬手帳を使うことになりそうです。